「重くもなく、かといって軽すぎない。
        口に当てて柔らかく、口当たりがよい。
             使って分かる心地よい重さと質感。
                  決して目立ち過ぎることもなく、それでいて存在感がある・・・」


   茶陶として発展した上野焼は、他の陶器類と比較して、極めて軽く、薄づくりであるという特徴を持っています。
   五感に心地良い、土の持つ素朴さ、力強さの中に「薄づくり」の上品さを秘めたその特徴現在にも受け継がれています。

 「丹念に仕上げられた土から作り出される陶肌と、
      多彩な釉薬が織りなす色彩美。
            上野焼は、使う釉薬の種類が
                  他に類を見ない程多いのが特徴のひとつです。」


  花や料理など、入れるもの・盛りつけるものと、器がお互いを高めあい、一体となった美しさを表現します。
  「使ってこそ美しい」上野焼の魅力のひとつです。

古来よりの伝承

 「食器類は、古来より毒を消し
      中風に罹らないと言われてきました。
             また、酒の風味をよくし飲食物が腐敗しにくいとも
                                   言い伝えられてきたのです。」


  上野焼の伝統をふまえ、現代のそして未来の上野焼の姿を探し続けるエネルギーが上野焼の新しい歴史を刻んでいます。